キャッシングと恐怖の話

Posted: 4月 6th, 2012 | Author: | Filed under: 未分類 | Tags: , , | コメントは受け付けていません。

キャッシングを申し込むとき、個人のときは、借り手側の信用だけでお金を貸すため担保を必要としません。
その分、担保を必要とする場合に比べて、高い利息です。そして、保証人も必要としません。
しかし、借りたいという金額が多い場合や事業者ローンなどのサービスに申し込む時などの場合には、連帯保証人が必要だといわれています。
一般的に親の遺言でもなるなといわれている、保証人というのはいったいどんなものでしょうか。
連帯保証人というのは、ごく普通の保証人よりもずっと責任が伴う保証人のことを言います。どれだけ責任が重いのかというと、借りた人が姿を消して返済が滞ってしまうと、連帯保証人はすぐお金を返さなければいけないといわれています。

そういったキャッシングからの請求というのはとても陰湿で、家族や職場など、自分自身の築き上げてきたものが崩れてしまい、一家離散ということになってしまった家庭もあるといわれているほどです。
ありがたいことに、最近ではキャッシングで連帯保証人を取らないので、それ以外のときでも、もし必要といわれたときには、情に流されてしまうのではなく、契約書を確認してから話したほうがいいでしょう。


Comments are closed.