審査

Posted: 4月 26th, 2012 | Author: | Filed under: 未分類 | コメントは受け付けていません。

消費者金融から初めてローンカードを作り融資を受ける際には、当然審査があります。
消費者金融の審査は、たとえば銀行から住宅ローン等を融資してもらう場合は、大変長い期間にわたって、審査が行われます。銀行としても多額の融資をするわけですから、返済不能にでもなったら大変ですからね。

それに比べて、消費者金融の場合は、非常に短い時間で審査が終了してしまいます。時間にしてわずか30分以内というのは当たり前で、最近では「1分」とか「3秒」なんてところもあるようです。
これは膨大なデータを基にした自動審査システムが確立しているからなんですが、それにしても短いですよね。消費者金融は小口の融資のみということもあるからなのでしょうが、気になるのは、いったい消費者金融では、融資するにあたって何を基準に審査しているかということです。

調べてみますと、代表的な項目がいくつかあるようです。
まず年齢です。通常、融資を受けられる年齢は20歳以上となっています。また上限の年齢もあって、通常69歳未満となっています。つまり、大人の現役世代ということですね。
ちなみに、クレジットカードの場合は、20歳以上ではなく、18歳以上としているところが多いようです。

もう一つ審査に欠かせないのは収入です。
融資条件を見ると、「一定の収入および返済能力がある人」というような表現で書かれてある場合が多いようです。これはとても抽象的な表現で、どの程度の収入とか、どの程度の返済能力が基準とされているかがわかりません。中身に関しては「当社の規定による」という形で、詳しくは明らかにされていません。
そのほか、職業や居住形態、居住年数など、いくつかの項目をもとに、融資の可否や融資の上限を設定するようです。

ところで、この審査基準は消費者金融ごとに異なっているので、ある消費者金融で融資を受けられなくても、他の消費者金融では融資を受けられるという場合もあります。
ですから、たとえ1社で断られても、あきらめず2社目にもトライしてみると良いと思います。


Comments are closed.