登録番号の偽り

Posted: 2月 26th, 2013 | Author: | Filed under: 未分類 | コメントは受け付けていません。

消費者金融を営むには財務局や知事に申請を行って、
貸金業の登録番号をもらうことが必要です。
そして、正式な業者は日本消費者金融協会(JCFA)に会員登録をしているのが通常です。
貸金業の登録番号は、その営業所が1つの都道府県内にとどまる場合は、
都道府県知事による登録、複数の都道府県に営業所がある場合は、
財務局の登録を受けることになっています。

また、登録番号の中にはカッコ書きで中に数字が入っていますが、
その数字は、初回の登録時は1で、
3年ごとの更新の際に1つずつ増えていきます。
そのため数字が大きいほど、長く営業し信頼がもてる業者
ということができます。
そのため、信頼できる業者かどうかを確かめるには、
登録番号やJCFA会員登録を確かめるのが一番ですが、
中には、この登録番号を偽って偽物の番号を提示して、
あたかも正式な登録業者かのように詐欺行為を働く悪質業者がいます。

そのため消費者金融で借入を行う際は、
その前に登録番号とJCFA会員登録の確認を行いましょう。

登録番号は金融庁のホームページで照会でき、
JCFA会員登録もJCFAのホームページで確認することができます。
また日本貸金業協会や都道府県等の相談窓口に問い合わせて確認することも可能です。
詐欺にあってからでは遅いので、必ず、申込や借入前に行いましょう。


Comments are closed.