怖い取り立ての実態は・・・

Posted: 6月 20th, 2012 | Author: | Filed under: 未分類 | Tags: , , | コメントは受け付けていません。

よくドラマでマンションの扉をガンガンたたいて
返済金の取り立てを行ったり、
「内臓を売りとばして、借りた金かえさないか!」と
暴力団風の男たちが毎日の
ように家にやってきてずかずかと家の中に上がりこんできて・・・
という場面がありますね。

怖いですね・・本当にあんなことがあれば、
自殺する人も出てくるのも仕方ないなあと思ってしまいますね。
あんなことは本当にあるのでしようか?
借りたお金をきちんと期日までに金利をつけて返金すれば
そんなことは一切ありません。ただ約束したのに返さないと
催促が来るのは当たり前のことです。
昔は実際に厳しい取り立てが行われていました。
とくに暴力団に回収金の何割かを渡す代わりに
取り立て代行を依頼することが行われてそれが加速した感はありました。

具体的には暴力的な行為が行われ、
今ならば暴行罪・傷害罪・脅迫罪等で犯罪にあたる
ようなことが当たり前のように行われていました。
その他 大声をあげる、暴言を玄関先ではく、
脅迫に近い取り立てを複数の人間で何度も行う、
夜中の取り立て行為、張り紙の近所への貼り付け等が行われていました。

現在は法令が大きく、何回も改正されてこの様な違法取り立て行為が確認された場合、
2年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられます。

その為、目立った取り立ては行われなくなりました。
また、被害者は行政に対し、業者の処分要求や業者に対し
民事上の損害賠償を請求することができます。

とは、いうものの借りたものは返すのが当たり前です。
借りるときに返すことを念頭に消費者金融を利用するべきでしょう。